越谷市の行政書士江口法務事務所

法人設立・営業許認可申請は越谷市の
行政書士江口法務事務所へ

主な取扱業務

会社設立支援

会社設立

各種許認可の手続き

営業許認可の手続き
 

手続き諸費用をお知りになりたい方はこちらで目安金額をご確認ください。

 

​行政書士とは

ひとことで言うと、さまざまな書類を迅速・正確に作成する専門家です。

たとえばとても腕のいい料理人が飲食店を開業しようとしても、テナントを確保すればオープンできるわけではありません。衛生面をはじめとする数々の要件をクリアし、そのお墨付きである許可を受けてはじめて開店することができるのです。そして、要件を満たしていることを示すためには申請書類や図面を作成し、行政に提出しなければなりません。申請書類が様式に合致していなかったり必要な添付書類がなかったりすると受理されず、何度も修正を指導されることも決して珍しくありません。

行政の許認可を必要とする業種は、主要業種と言われているものだけでも50種類以上。業務内容によっては複数の許認可を要することもあります。給付金や補助金の手続では、行政より求められている書類を正しく提出しなければ給付になりません。

また日々の暮らしの中で、たとえば子ども達が揉めることのないように遺言書を作成しても、それが法的に有効なものでなかったときには、ご意思を優先するか法定相続を優先するかでかえって争いの原因になりかねません。

行政書士が作成できる書類は実に10,000種類以上。取扱範囲が広いことから、行政書士は『街の法律家』とも呼ばれています。

小さなことでもお気軽に、埼玉県をはじめ関東一円を網羅する行政書士江口法務事務所にご相談ください。

起業・副業支援

起業・副業

新しく事業を始める、とてもハードルが高く感じるのではないでしょうか。

何から手をつければいいのか。どこにどんな書類を提出しなければならないのか。

書類整備に気を取られずに、大切な事業スタートの準備を進めませんか。

・長年の夢だった独立をしたい

・これまでに得たスキルを活かしたい

・まずはサラリーマンを続けながら事業をスタートさせたい

・書類手続が不安

・本当に開業できるか聞いてみたい

 

行政書士江口法務事務所はあなたの疑問のひとつひとつに丁寧にお応えします。

個人事業と法人

個人事業と法人。どちらがいいのかは一概には言えません。

法人のほうが信用を得やすく、増資など融資だけではない新たな資金調達の道も開けます。

株式会社より公益法人・NPO法人のほうが適している事業もあるでしょう。

個人事業はフットワークの良さが魅力です。

事業活動の今と未来を見据えて、しっかりとした組織づくりをしませんか。

 

・個人事業が軌道に乗ってきたので会社を設立したい

・副業を本格化したい

・書類を作成する時間がない

・社会貢献活動を組織化したい

・自分は個人と法人のどちら適しているのか聞いてみたい

 

行政書士江口法務事務所はお話を傾聴し、あなた専用の事業化計画を提示します。

■法人設立関係

株式会社設立・合同会社設立・NPO法人設立・一般社団法人設立・一般財団法人設立・公益社団法人設立・公益財団法人設立

■法人変更関係

組織変更・役員変更・増資・DES・定款変更等の議事録作成

 

許認可申請支援

事業と許認可

行政の許可や認可を受けなければ行えない事業は実に多く存在します。

あの申請にはこの添付資料が必要。この手続にはまずこの窓口へ。こういうケースでの提出様式はこれ。

ほとんどの方にとってなじみがない許認可申請は、なかなか手続が先に進みません。

書類整備に時間を取られずに、本来の事業活動の準備を進めませんか。

・新しく事業を始めたい、業務の拡大をしたい

・許認可の要件を満たしているかわからない

・いろいろな役所に何度も行く時間がない

・考えている業務に許認可が必要か聞いてみたい

行政書士江口法務事務所はあなたが本業に専念できるサポートをいたします。

各種許認可申請

たとえば建設業許可。一般的には本社住所の都道府県が申請窓口になりますが、複数の都道府県に営業所があるケースでは本社を管轄する地方整備局が窓口になることもあります。

5年ごとに更新ですが、毎年決算手続終了後には決算報告を提出しなければなりませんし、役員や住所に変更があると届出が必要です。

ところが産廃業許可の申請窓口は、本社住所ではなく廃棄物を載せるところと降ろすところの都道府県、別の許認可では保健所や警察署が申請窓口、それらも更新や変更届が。

許可を得るだけでなく維持し続けるのも一筋縄ではいきません。

複雑で細かい手続は専門家に委託し、本業や事業開始準備に専念しませんか。

・インターネットを見てもよくわからない

・平日の日中は現場に出ている

・結局、役所で手続書類を受け取ってもらえなかった

・他の行政書士に断られた

 

行政書士江口法務事務所は役所への申請書類の作成だけでなく、事前の協議、申請手続の代理、問合せの対応までお引き受けいたします。

■建設業許可関係

新規・更新・業種追加・変更届・事業年度終了報告・経営事項審査・入札参加資格審査・電気工事業登録・解体工事業登録・建築士事務所登録

■産廃業許可関係

新規・更新・変更届

■飲食店営業許可関係

新規・更新・変更届

■宅建業免許関係

新規・更新・変更届

■古物商許可関係

新規・書換・変更届

 

ご案内

​ご挨拶

弊事務所は平成15年4月の開業以来、お客様との対話を大切にしております。お困りのこと、気になることなどございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

起業準備から会社・各種法人の設立、各種許認可の申請や更新、事業運営をトータルでサポートいたします。

事務所代表 行政書士 江口 公晴

埼玉県行政書士会 理事

埼玉県行政書士会 企業法務部 部長

埼玉県行政書士会 建設業許可相談員

埼玉県行政書士会越谷支部 副支部長

埼玉県行政書士会越谷支部 行政書士相談員

​法人概要

法人名

行政書士江口法務事務所

所在地

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目15-8-405

TEL

048-979-7198

FAX

048-940-3001

創業

2003年4月1日

営業時間

9:00~17:00   

休業日

土曜日、日曜日、祝日

アクセス

東武線せんげん台駅西口出口から徒歩5分、ファミリーマートさんからスグ

 

お客様の声

埼玉県K氏(50歳)


ハウスメーカーを早期退職して念願の事業を始めるとき、その手続き、というか形式づくりにうんざりしてしまいこれは専門家に頼むしかないと思いました。

知人に紹介してもらった事務所は動きが遅く、営業畑の私にはそのスピード感がどうも…

そんな時ネットで探してメールしたのが江口さんでした。そうしたらすぐに返信が来てアポを取りました。

会社設立の相談だったのですが、将来的に建設業許可を取りたいことを言うと、資本金とかのアドバイスまでしてもらいました。話しやすかったのでつい色々しゃべっちゃいました。江口さんは難しい専門用語ではなくて理解できる言葉だったのも好感でしたね。

どんどん会社設立の手続きが進み、私の眼は確かだったなと(笑)

もちろん建設業許可の手続きの時もお願いしました。今でも面倒なことはお任せし、私は本業に励んでいます。




埼玉県A氏(32歳)


学生時代から夢だった小さなショップを持ちました。

経営というのは想像以上に大変で2年目あたりで資金繰りに悩んでしまいました。

公的な助成金や補助金、銀行の融資、何を選んだらいいのかわからなかった時、お店経営の先輩から紹介されました。

女性だし、年齢的にも軽くあしらわれるかと不安だったのですが、そんな心配は杞憂でした!

わかる言葉でわかるまで説明していただき選択肢のメリットデメリットもきちんと教えていただきました。

コロナの時には国の持続化給付金と家賃支援給付金だけでなく、埼玉県や越谷市の独自の支援金のことも教えてくださいました。本当に助かりました!

やっぱり地元の先生は地元の情報に強いですね。




埼玉県S氏(63歳)


20年前に親の商売を引き継いでそろそろ息子に、せっかくなら会社組織にして、そう考えを巡らせると、果たしてそれが本当に良いことなのかと迷いました。

本など見てもどっちつかずで答えが探せず、たまたま参加した事業承継セミナーの講師が江口先生でした。

その明快な口調と分かり易い話し方に安心でき後日改めて相談に出向きました。

先生のアドバイスのもと、今は将来に向けて準備を始めています。

息子の代になっても引き続きお願いしたいと思える親切さ、お若い先生だから長いお付き合いがしていただけるので安心です。





 

行政書士江口法務事務所にはこんなお声がたくさん届きます。

皆さんが私たちを選ばれる理由はこちらから

行政書士江口法務事務所だから安心

・事務所代表行政書士 江口公晴がお客様より直接お話をお聞きいたします。

・専門用語は多用せず、分かりやすいご説明をいたします。

・より良いソリューションを提供するために全力を尽くします。

※弊事務所代表の江口は、外出していることがございます。ご来訪されるときには、事前にご連絡くださいませ。

 

※弊事務所の営業時間は、原則として平日の9:00~17:00迄でございますが、事前にご連絡をいただいた際には、夜間および土、日、祝につきましても対応いたします。

 

※外出やテレワークによりスタッフが全員不在のときに弊事務所へお電話をいただいた際には、江口の携帯電話に転送されます。ただし、江口が外出先で打ち合わせ中のときなど、電話に出られないこともございます。折り返し電話を差し上げますので、留守番電話にお名前とご連絡先を入れてください。

 

※メールでのお問合せを承っております。その際、お問合せ事項についての確認のため、弊事務所より電話することがございます。

 

※弊事務所では、お客様により良いソリューションをご提供するために、弁護士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、司法書士等各種士業者とネットワークを組んでおります。「誰に相談したらよいのかわからない」「どの士業者に依頼すべきかわからない」などでお困りのときでも、お気軽にご連絡ください。